KIMONO RENAISSANCE 

日本伝統文化  着物KIMONOを洋服へアップサイクル

着物アップサイクル講座 基礎編①しくみ

着物アップサイクル講座 基礎編①しくみ

着物のしくみについて説明していきます。
これから着物をテキスタイルとして扱っていくために、その仕組みを知っておきましょう!

まず、着物は「和裁」という方法で作られています。
手縫いで縫われていて、縫い方も独特です。

着物の構造を知っておくと、全体像がつかめます。
洋服より単純な平面構造になってます。

  • 左右対称です
  • 布幅は38cmの細長い生地です
  • 手縫いで出来てます
  • おおまかに、「見頃(みごろ)、袖(そで)、衽(おくみ)、衿(えり)」の4構造です。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 構造-2.jpg

構造がわかったところで、
着物を解いて、一枚の布にもどしていきます。
解くときは、
縫い上げの順序をさかのぼるようにして解きます。

着物を解くコツはこちら


解く順序

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 順序-709x1024.jpg

①衿を解いてきます。
表衿→共衿→裏衿の順に外します。

②袖
見八ツ口と袖口から袖裏を外します。
袖裏が外れたら、袖つけを外します。
この時、袖付け根や、袖口はとてもしっかり止まっています。ほぐすように丁寧に解きましょう。

③裏地
衽(衿下)と裾を外すと表生地と裏生地を離すことができます。

④見頃
後ろ中心→脇→内揚げ→衽の順に外します。

これで、着物は布に戻りました。

次は解いた着物を洗っていきます☆

コメントを残す

CAPTCHA